冷え性を改善するためにめしを変えてマンネリ見直し!

ハイスクールの内から頑固な冷え性に悩まされていて、冬になると指先や爪先が冷たくなり、手袋や靴下を繰り返し履きしても暖まらないほどでした。

そんな慣習なんだろうとして諦めていましたが、マクロビオティックの媒体を読んで、改善することができるんじゃないか?と思い、ディナーを変えてみることにしました。

マクロビオティックでは、飯には性質という陽があり、性質のものを食べすぎるといったボディーが冷えてしまい、逆に陽のものを食べるとボディーが暖まるという着想があります。

わたしは甘いものが好きで、一年中必ずアイスやスイーツ、チョコレートなどの軽食を食べていましたが、軽食に使われている白砂糖は性質の飯に当たります。

刺々しいものを食べるとボディーが冷えるは思っていましたが、飯を通じて冷ます作用があるは知りませんでした。

すべてのディナーを取りかえるのは一大ので、まずは甘いものを召し上がるのを控えてみたのですが、1?2週くらいで体のダルさが取り去れ、スキンもワン声色明るくなったような意思がしました。

短期間で作用を実感したので、マクロビオティックがすすめる玄米って野菜のディナーを中心に心がけることにしました。

白米をやめて玄米を召し上がるようにし、肉や魚はきっと食べず、お味噌汁や野菜の煮物などが中心です。何となく甘いものが食べたい時折オーガニックのドライ果実をちょっぴり食べていました。

2?3ヶ月後には、月額あった月経痛が大層弱くなったり、定期的に起こっていた片頭痛も無くなり、まったく作用を感じました。

35たび台だった平熱も、現在では36.5たびぐらいまで上がっていて、寒冷を感じることはちっともなくなっています。
冷え性で耐えるお客様に、正邪オススメしたい食事法だ。迷ったら、これを選んで。コラーゲン ドリンク ランキングは、こちら