過度の重圧による不満は避けてとおりたい

私たちのいのちをつかさどる自律逆鱗には
交感神経と副交感神経ってがありますが
スイッチ逆鱗の働きが活発になるって
ずーっと緊張状態が続くことになります。

この状態になると
身体が熱くなることが感覚されますが
血管が縮まって血行が悪くなり
身体に「寒冷」が生じてしまう。

この状態になるって、体の免疫役割も低下して
各種ことで課題も生じるのです。

適度な動きは、体の免疫を決めるだけでなく
内面リフレッシュにより、マインドも軽やかになれます。
但し、たびをすぎる運動をすると
一段と身体に負担をかけてしまう。

無論、交感神経の緊張状態も続きますので
血行の失調から、毛バルクにも関係してしまう。

体内に摂りいれた養分が毛に訪ねるのは
最後になるといわれていますが
この緊張状態になるという
毛に養分がまわってくるか心配ですね。

毛が健康な状態でいられるためには
各種待遇があります。
どうしても、過度の懸念による外敵は
避けてとおりたい条件のひとつになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です